女性用育毛剤はこれがおすすめ!悩んで決めた私の育毛チャレンジ

 

男性ホルモンが原因となる男性の薄毛と違い、女性は頭皮のダメージや栄養不足、もしくは栄養が行き届かない頭皮環境、女性ホルモンの乱れなどさまざまな要因が薄毛の原因となっています。
そのため女性の育毛剤の多くは、薬効成分よりも頭皮環境を整えたり、血行を促進したり、ホルモンバランスを整える栄養素が主成分となっています。
ただし、育毛剤に使われる成分はメーカーごとに違いますし、成分によって効果が高いものもあれば低いものもあります。
ですので効率よく育毛をしていくためには、適した成分や選ぶ時のポイントをしっかり押さえておきましょう。

 

女性の育毛に有効な成分について

女性の育毛剤に使われているのは、主に保湿成分、女性ホルモン様似作用を持つ成分、血行を促進する成分です。
保湿成分は顔や腕、足などのスキンケアをする基礎化粧品に含まれるイメージがありますが、頭皮は顔とつながっている皮膚の一部です。
ダメージによって頭皮が乾燥すると柔軟性がなくなって固くなり、血行不良が引き起こされて栄養が毛根組織に行き渡らなくなるので、保湿は育毛には欠かせません。
女性ホルモン様似作用を持つ成分というのは、髪の成長期を維持したり、ハリやコシを与えるエストロゲンという女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンです。
女性ホルモンのバランスは月経や妊娠、出産だけではなく、生活習慣でも乱れやすいため、エストロゲンが減少して働きが低下します。
イソフラボンはエストロゲンの働きと同じような働きをしますから、ヘアサイクルを正常にしたり髪を健康にできるので育毛に効果的なのです。
また、ストレスなどのせいで血行をコントロールする自律神経が乱れると、頭皮の血行も悪くなって栄養が行き渡らなくなります。
血行促進成分はこの状態を改善して、食事などから摂る栄養素を毛根組織にしっかり行き渡らせて働きを活性化し、薄毛を改善していきます。
育毛剤によって主成分は異なるので、自分の頭皮や抜け毛の状態を改善出来る成分を選ぶことが、適切な育毛剤の選び方のポイントの一つになります。

 

育毛剤を選ぶポイントを覚えておこう!

育毛剤は自分に合った有効成分が配合されているものを選ぶことが基本ですが、もう一つ重要なポイントがあります。
それは毎日使い続けやすいものを選ぶということです。
育毛剤を使ったとしても、効果が出るまでには最低でも3ヶ月ぐらいかかります。
そんなにかかるの、と思うかもしれませんが、髪が成長するメカニズムはそんなに単純ではありません。
例えば野菜でも、種を蒔いて水や肥料を与え続けても、成長するには早くて3ヶ月、中にはそれ以上かかる種類もあります。
髪も同じようなもので細胞から髪が作られて成長するまでにはかなりの時間がかかりますし、薄毛の場合だとダメージなどマイナス部分から改善して成長させなくてはいけません。
これだけの間使い続けるのは面倒なことですが、途中で栽培を止めたら植物が枯れるのと同じで、髪も成長することができないのです。
効果を得るには有効成分も大事ですが、使い続けなくては意味がないので、自分が無理なく毎日使えるものを選ぶことも育毛のためにはとても大切なのです。